モニタリングが開始できません。

オーナー/マネージャー権限を付与されているユーザーはモニタリングを行えますが、グループ通話等で自身が参加済みの通話へのモニタリングを行うことはできません。

 

モニタリングが行えないパターンの例

1. スタッフB(スタッフ権限付与)がお客様との通話に対応しています。スタッフA(スタッフ権限とオーナー権限を付与)はこの通話に参加していないため、モニタリングが行えます。

1.png

2. スタッフBがスタッフAをグループ通話へ招待し、スタッフAが参加します。

2.png

3. スタッフAが通話から退出します。

3.png

4. スタッフAは管理画面に戻り、自身が抜けた通話へのモニタリングを行おうとしても、「通話モニタリング」ボタンが表示されずモニタリングが行えません。

4.png

この仕様は「通話接続」と「モニタリング」を繰り返し行い、システムやブラウザへ大きな負荷がかかるのを避けるための仕様です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています