LiveCallでアバターアプリを使う(LiveCall カメラ)

LiveCallでビデオ通話中にアバターアプリを使用して通話を行うことができます。※LiveCall カメラはWindowsOS向けにリリースしています。

主なステップ(クリックしてジャンプ)

  1. インストールを行う
  2. アバターを使用して通話する
   推奨スペック

 

インストールを行う

1. ダウンロードフォルダから「LiveCallカメラ」を開きます。

ダウンロードフォルダ.png

2. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」で「はい」を選択します。

インストール1.png

3. 「インストール」を選択します。

インストール2.png

4. インストールが完了したら、「完了」を選択します。※自動的にアプリが起動します。

インストール3.png

 

アバターを使用して通話する

インストール直後に行う場合は、一度アプリを閉じてください。

1. LiveCall(https://livecall.net/login)にログインし、通話画面の「カメラ・マイクの設定」を開きます。

カメラマイクの設定1.png

2. カメラの設定を「LiveCall Camera」に変更します。

カメラマイクの設定2.png

3. 「設定を反映」します。

カメラマイクの設定3.png

4. LiveCallカメラのアプリを開き、1~3を再度行います。プレビュー画面がアバターになれば、設定が完了しています。

アバター設定後.png

※アバターが反映されない場合はデバイスの再起動を行ってください。

通話中画面

スタッフ側画面 お客様側画面
スタッフ通話中.png

お客様通話中.png

 

アバターの設定方法はこちらからご確認ください。

推奨スペック

  最小 推奨
CPU 第8世代以降のCorei5 第11世代以降のCore i5 以上
GPU Intel Iris UHD Graphics 630 Intel Iris Xe Graphics 以上
メモリ 6GB

8GB

上記はLiveCallカメラを用いてLiveCallのビデオ通話(1対1)をシングルタスクで行う場合の推奨スペックになります。マルチタスクや高画質動画などを用いる場合には、さらに余裕のあるハードウェアスペックをご用意いただくことをおすすめします。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています