2要素認証の初期設定を行う

LiveCallにログインする際、従来のパスワードの入力だけでなく、スマートフォンアプリで発行されたワンタイムパスワードを入力することで、セキュリティをより強化できます。オーナー権限のあるユーザーが2要素認証の初期設定をすると、次回ログイン時から全スタッフに2要素認証が求められるようになります。※2要素認証を使用するには、2要素認証の専用アプリのインストールが必要です。

 

1. オーナー権限のあるユーザーが2要素認証の設定をする

オーナー権限のあるユーザーが管理画面にログインし、「セキュリティ」を開き、「2要素認証」をクリックします。「はい」を選択し、「保存する」をクリックします。

大きい画像用__55_.png

注意点 

一度「2要素認証」を設定後、その設定を解除し、再度設定する場合にはアプリでの操作が必要になります。

ポップアップ画面が表示されますので「OK」をクリックします。これで組織全体に2要素認証が適用され、各スタッフが次回ログインする際に2要素認証の設定が求められます。

スクリーンショット_2023-10-04_21_17_07.png

 

2. 各スタッフが認証アプリをインストールする

2要素認証が適用されると、各ユーザーは次回ログイン時(ログイン画面でIDとパスワード入力後)に2要素認証の設定が求められます。

スタッフは各自の端末に認証アプリをインストールします。TOTP(Time-Based OneTimePassword)で認証を行なうアプリであれば利用できます。 代表的なアプリは以下のとおりです。

3. インストールしたアプリでQRコードを読み取る

インストールしたアプリを起動し、「QRコードをスキャン」します。(画像はGoogle Authenticatorを例としています)

2FA.jpg

表示されたQRコードを読み取ります。

大きい画像用__56_.png

アプリにLiveCallのアカウントが追加され、画面に6桁のワンタイムパスワードが表示されます。
アプリに表示された例:

スクリーンショット 2023-10-20 11.56.25.png

 

QRコードを読み取れない場合は、QRコードの下に表示されている「代わりに手動でコードを入力する」をクリックし、表示された「コード」を認証アプリに入力し、アカウントを設定します。

スクリーンショット_2023-10-05_8_56_48.png

認証アプリでの入力イメージ

スクリーンショット 2023-10-20 12.14.34.png  スクリーンショット 2023-10-20 12.04.04.png

 

4. 認証アプリに表示されたワンタイムパスワードを入力する

アプリの画面に表示された6桁のワンタイムパスワードを入力し「次へ」をクリックすると、2要素認証の設定が完了します。

スクリーンショット_2023-10-02_9_50_31.png

 

5. バックアップコードを保存する

設定が完了すると、バックアップコードのダウンロードボタンが表示されますので、必ずダウンロードし保管してください。

1度に発行されるバックアップコードは10個で、それぞれのバックアップコードは1回のみ使用可能となります。2要素認証を設定した端末を紛失した際のバックアップに使用します。

スクリーンショット_2023-10-02_10_00_45.png

「管理画面で操作を続ける」を押下すると、管理画面に移動します。

スクリーンショット 2023-10-20 16.10.30.png

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています