コブラウジング応用設定〜ドメインが異なるページをコブラウズする場合〜

基本のコブラウジング設定を理解された後に、こちらの応用の設定を行なってください。

複数ドメインのページをコブラウズする場合 

複数のドメイン(サブドメインも含む)をまたいでコブラウズを行いたい場合、スクリプトに次のコードを追加することで、セッションを継続することができます。

data-trustedorigins="https://site_a.com, https://site_b.jp"

  • id="cobrowsing" の記述も必要です。
  • http://https://を含んだURLを記載してください。
  •  同一ドメインで「サブドメイン」が異なる場合もすべて記述する必要があります。

記載例:

<script id="cobrowsing" src="https://livecall.net/livecall.js" data-trustedorigins="https://example_a.com,https://example_b.net,https://www.example_b.jp" type="module"> </script>

 

iframeを使ったページをコブラウズする場合 

上記の記述は、親ページと子ページのドメインが異なる埋込インラインフレーム(iframe*)を使ったケースにも適用できます。iframeが設置されている場合、iframe内に埋め込まれている内側のページのスクリプトに、更に以下のコードの追記が必要です。

data-mode="nested-iframe"

記載例:

<script id="cobrowsing" src="https://livecall.net/livecall.js" data-trustedorigins="https://example_a.com,https://example_b.net,https://www.example_b.jp" type="module" data-mode="nested-iframe"> </script>

 

制限事項

複数ドメインを移動する(クロスドメイン)の応用設定に限り、シークレットモードではコブラウジングが上手く機能しなくなる可能性があるため、利用しないでください(お客様側、スタッフ側両方)。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています