コブラウジング応用設定〜スタッフの遠隔操作機能〜

コブラウジングの 基本設定では、スタッフによる遠隔操作機能はデフォルトとして全て網羅されています。

この遠隔操作に一部制限をかけたい場合(例えばフィールドへの入力操作をさせない、リンクのクリック操作をさせない等)には、次の属性値を編集することで可能になります。

data-capabilities="属性値1,属性値2,属性値3,..."

属性値は次のリストのcapability(=コブラウズ操作機能)になり、有効化させたい機能を属性値として記述します。記述されていないcapabilityは無効となります。

id="cobrowsing" も必ずスクリプトに記載が必要です。

記載例

<script id="cobrowsing" data-capabilities="laser,cursor,drawing,scroll,poniter" src="https://sample.livecall.jp/livecall.js>

コブラウズの各機能(Capability)と詳細

Capability 詳細
laser スタッフのレーザーポインター操作がお客様画面に反映する
drawing スタッフのペン操作がお客様画面に反映する
cursor スタッフのカーソル操作がお客様画面に反映する
scroll スタッフはWebページをスクロール操作可能(お客様画面に反映)
keypress スタッフの入力操作がお客様画面に反映する
pointer スタッフがポイント操作とクリック操作を遠隔操作できる
select スタッフはWebページ上のテキストを選択できる(お客様画面に反映)

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています