コブラウジングの設定をする

コブラウジング(画面同期)は、通話・ビデオ通話・画面共有では正しくお伝えすることが難しい内容を、一緒に画面を操作することで案内しやすくする機能です。
対応スタッフとお客様が同じページをブラウジングし、双方がページを操作することができます。※オプション機能「コブラウジング」のご利用が必要です。

制限事項:
・Webサイトの設定でiframeによる呼び出しを許可していない場合、開始導線によるコブラウズはできません。
・ウェブページにビデオコンテンツ(webカメラや動画等)が含まれている場合は、コブラウジングセッション中の画面にこれらのコンテンツは反映(表示)されません。

コブラウジング対象ウェブページへの必須コードを貼り付けます

サービス設定から対象のサービスURLを選択し、「コブラウジング」タブを選択し、「コブラウジング対象ウェブページへの必須コード」をクリックしてコピーし、お客様と通話中にコブラウジングを行いたいウェブサイトの全てのページに貼り付けます。

大きい画像用__5_.png

コブラウジング開始の導線をいずれか1つを選択します

コブラウジングは の2つの導線があり、いずれか1つを選択し、サービスURLごとに事前設定をします。(即時通話はの導線のみ)

導線1.jpg

①通話開始前にお客様が閲覧していたページにスタッフがアクセスし、コブラウズを開始する(設定方法はこちら

お客様が通話開始前に閲覧していたページからLiveCallへアクセスすることにより、スタッフは通話中に、この閲覧していたページにアクセス(コブラウズ)することができます。

スタッフがURLを指定し、選択する開始ページでコブラウズを行う(設定方法はこちら

お客様との通話中に、スタッフが指定したURLを一覧から選択し、通話画面上または別のタブが開き、その画面からお客様とコブラウズセッションを開始することができます。

導線①の設定手順

  1. コブラウジング開始の導線の①をクリックして選択します

  2. LiveCallをトリガーする要素に任意のコブラウズ属性を指定します

       ※サービス設定にある説明文をご覧になり、サンプルコードをコピーし設定します

最後にページ下部の「保存する」をクリックし、設定を完了させます

大きい画像用__5_.png

導線②の設定手順

1. コブラウジング開始の導線のをクリックして選択します
2. コブラウジング開始ページの設定をします
◉通話画面内でコブラウズページを開く(導線②-1)LiveCall通話画面上でコブラウズセッションを開
◉新しいタブでコブラウズページを開く(導線②-2)新しいブラウザタブが開き、そのタブ上でコブラウズセッションを開始
3. 「ページを追加する」のスクリーンショット_2023-12-20_13_19_41.pngをクリックします

導線2.jpg

4. コブラウジング開始ページの「ページ名」を入力します
5. コブラウジング開始ページの「URL」を入力します
他にもコブラウジングをするページがあれば手順3. ~ 5.を繰り返しページを追加し、最後にページ下部の「保存する」をクリックし、設定を完了させます

スクリーンショット 2023-12-20 12.58.13.png

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています